コスメのスペシャリストBLOG

マカロン
ナポレオン
HOME => 肌のトラブルのひとつ、シミが気になるなら、まずは、

肌のトラブルのひとつ、シミが気になるなら、まずは、

肌のトラブルのひとつ、シミが気になるなら、まずは、毎日のスキンケアでお悩みを解消したいと思う方も多いでしょう。



もし、それだけでは無理かも、という場合はレーザー光線などによってシミを消す方法もあります。

エステサロンにおいては特殊な光によって、お肌のシミを薄くするメニューを取り入れているところもありますが、病院の皮膚科などでは、レーザー治療という手段によりシミをきれいに消すことが可能なのです。お肌を第一に考えるためにも、洗顔する際には見落としがちな髪の毛との境界線などの部分まで、きっちりとすすぎ終えましょう。洗い落とせたら、タオルを使い軽く乗せるように水分を取り去ります。必ず、強い力でこするのは辞めてちょーだいね。



いうまでもなく、きれいなタオルを使うのが、見込まれています。美白成分に欠かせないものはたくさんありますが、特にプラセンタがシミに対して有効です。

シミの基になるメラニンが沈着することを抑えるというありがたい活躍をしてくれるのです。
また、身体に素晴らしい作用をする成長分子を含んでいて、新陳代謝を促し、蓄積された古い角質と伴にシミからも解放されることでしょう。

さらにコラーゲンの生成も高めるなんて効果もあるため、美しい肌へと生まれ変わりやすくなるでしょう。女性にとっては言うことなしです。
体のラインがゆるむとなんだか老けて見えますよね。以前、雑誌で話題になっていたダイエット(一時、痩せられたとしても、結局、また戻ってしまうのであれば意味がありません)(ファスティング)して、3kg体重が落ち、憧れの40kg台になりました。きれいになるためにそれなりの苦労をして、睡眠時間や栄養もしっかり確保していたのにもか代わらず、デコルテから顔にかけてのシワが部分的にとても目立ってきたような気がするんです。

きちんとメソッドに沿ったダイエット(一時、痩せられたとしても、結局、また戻ってしまうのであれば意味がありません)のつもりでしたが、時期的にダイエット(一時、痩せられたとしても、結局、また戻ってしまうのであれば意味がありません)と無関係とも言えませんから、肌の手入れはしていたけど足りなかったのかも。


しばらくはシワケアのほうを重点的にしていく予定だそうです。

人はそれぞれで肌質は違っています。



普通肌、乾燥肌、敏感肌など、いろんな肌質がありますが、とり所以、敏感肌の人は、スキンケア商品ならなんでも適合する所以ではありません。もし、敏感肌用ではないスキンケアの品を用いてしまうと、肌によくない影響を与えてしまうこともあるので意識するようにしましょう。
多くの女性が抱えるお肌の悩みが「シミ」です。シミの要因は様々ありますが、主な原因として日焼けなどによって、肌が赤くなり、変色するという過程を経て、色素沈着したものになります。

なんとニキビ跡の赤みまでも意外かもしれませんが、シミの原因になるんです。


手抜き無しのUV対策に取り組向ことや普段よりスキンケアに力を入れると、シミ予防の効果を期待することが出来ます。また、体の中からのシミ対策として、ご飯とかサプリでビタミンCを摂って肌の再生を促すこともシミ対策になります。

あとピー性皮膚炎の方は、どういった肌手入れが正解なのでしょう?あとピーの原因はその全てが完全に解明はされていませんから、これこそが正しいというようなスキンケア法や治療法などはまだありません。しかし、あとピーの人は、わずかな刺激や体温(ごく短時間で耳測定できる体温計も売られています)上昇で症状が出てしまいますから、基本的にははなるべく刺激を与えないことが一番です。お年を召したお肌には必ずと言っていいほどシミがあるものです。


そうは言っても、なんとかして綺麗にしたいそう思うのが女心というものです。

シミを改善したくて私が試したことと言えば最初に試したのはビタミンC誘導体、ハイドロキノンもまた使ってみましたが、とても満足とは言えず、現在はレチノールを使用中です。シミを消し去る最終手段としては、レーザー治療になるのかもしれません。



テカテカしがちは肌の場合、潤いたっぷりな肌質に見えますが、実際は潤い不足な状態、というケースが多いです。


肌の乾燥が表面化していないのは、脂っぽい肌は皮脂分泌が次々とおこなわれている状況なので、外的な刺激による乾燥は防げる傾向が多いためです。

でも、この皮脂が原因で肌の状態が悪くなるのですから、洗顔をすることにより、余分な分を洗い流すことが大事です。
アラサーになりましたが、そんなことも関係なく、シゴトに追いまわされる毎日ですが、ある時、鏡に映った自分の姿を見て大変驚いてしまいました。目の下の濃いクマに、数えきれないほどの細かいシワが映っていて、今の自分がどういう状態にあるのか思い知らされた気がしたのです。この時のことをきっかけとして、私は決心しました。どれ程疲れていようが、家に帰ったら洗顔をはじめ意地でもしっかり一通りのケアを終わらせて自分の肌を保護しよう、シワの予防に努め、保湿もちゃんとしようと決めました。

関連記事

道
Copyright (C) 2014 コスメのスペシャリストBLOG All Rights Reserved.